FC2ブログ

この国って・・・ギャグなの?

以前ストックホルムのナッカにて、シリア出身の男と彼の三人の妻と彼らの
子供十数人余りが、平均的なこの国人には住めないような良いアパートに住み公金で養われているニュースについて書いたけれど、またしてもナッカで、今度は中東一家が一軒家をあてがわれていたとの話が。コチラ
内容をかいつまんで紹介すると・・・
難民申請者としてやって来た男が、平均的この国人一家には手の届かない、
ストックホルム中心から車で10分程度の所にある大きな一軒家に一家で住み、公的援助で優遇されていた事が発覚。
家の価格は現在1150万クローナと見られている。(1億5千万円弱)
90年代後半、リビアに住み働いていたイラク人の男がこの国で難民申請。
そして難民認定されなかったにも関わらず永住権を得て、
その三か月後彼の家族がこの国へ呼び寄せられ一軒家で同居する。
男は9年間無職、その後タクシー業者として登録。税務署データによると、
この業者の年収は最低額の94,200kr(2008年)から
最高額の228,500kr(2010年)の間で変動している。
厚生委員会の計算ツールによると、この収入額だとこれら全ての年において、成人三名からなる一家が生活保護を受給する権利があった事になる。

この家を訪れると、外には古い錆びた車の部品やタイヤやゴミが放置され、
外壁の塗装は剥げて酷い状態になっている。

「ええ、我々はこの家に満足してますよ!」と家に住む男が言う。
そして、家の事は”全て知っている”という彼の息子の一人を指す。
現在この家に住むのは父だけとのこと。
一人の息子は別の町に住み、別の息子は海外留学中で、その期間妻は母国の
イラクを訪問中である。
「市は一体いつ引っ越すのかといつも聞いてくるが、彼らは父たちをこの家から追い出す事は出来ない。」と息子は言う。
それは事実だ。なぜなら一家は家の所有権(賃貸物件に滞在する権利)があるからだ。
一軒家の家賃は現在6462krである。


ぶーーーーーっっ!!!
ほんと狂っているわね。この国は。
自国の年金生活者よりも外国人を優遇したいのかも?

今年に入ってからもうすごい勢いで、銃撃、爆破、銃撃、また銃撃、
というように打ち上げ花火ですか?と思うくらいドンドンパンパン
危険な事件が起こっているわ、首相は治安対策で軍隊と警察が
協力する事もあるとか言いだすわで、紛争地帯化が進みつつあるのかと
思われる現状。
そして職業年金が月に一万円以上減額されるというニュースもあり、
この国は本格的に危機時代が始まったんだなぁ~と思っていたら、
いきなりこんな景気の良い話がニュースにあったから驚いたわ!

この国の役所の人って、自分の身を犠牲にしてでも迷える子羊を助ける、
みんなに尊敬される崇高なジーザスの様な、寛容的で正しい自分・・・
そんな人道的な自分を誇りに思う・・・みたいに自己陶酔して夢に浸って
いるのかしら???と思えてきてしまうのだけれども。

こんな扱いしていたら、そりゃあ中東からアフリカから色んなのが、こんな北の果てまではるばると、なんとしてでも侵入しよう!たかってやろう!と来る訳だわ。
最近その手の事に関連する面白そうな本を発見
その名も「寄生難民」坂東忠信著。元警視庁通訳捜査官・外国人犯罪対策講師の方だけあって国防意識が高そうです。
帯に書かれた、難民を「かわいそうな人」と位置づけて疑問の指摘をタブー化する時代は終わった! という一文を読んで、すっきりさわやかな清涼感が心にす~っと広がりました。読んでみたいわ~
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 終わりの始まり?

和泉様
本当にも~、次から次へと驚きネタが出てくるからねw有りえなさすぎて笑えてくるし!
脳内麻薬の分泌量は異常な高い数値が出ている事でしょう。特に政治、行政、司法、教育界の方々が重症・・・

半世紀後のスウェーデンは、多民族多文化共生で豊かになり、みんな仲良く平等で世界一幸福度の高い国になってるはず・・・ないかっ(笑)
バイキング子孫には頑張って欲しいと思うけれど、長年の赤い教育で思考がおかしくなっているから、ムスリムの侵略でとことん荒らされそうだわ。ねぇ…ところで別のタカリ先って一体どこ?まさか日本やアメリカ?!ぎゃーーーっ!!それはマズイわ???

例の本は寄生難民よ~!でも寄生移民もゴッチャリといるわw。そう、先進国に寄生したがるのってどこも同じような民族で同じ事やっている。わかっているんだから対策して欲しいわね!!
外患誘致族って、多民族多文化共生~!外国人の人権を優遇しろ~!ってイチャモン付けるタチの悪い人権派弁護士とかNGOとかかしら?アレも赤い教育が生み出した病気みたいなものよね。治療が必要っ。じゃないと社会が病んで弱ってしまうわ~!!!

終わりの始まり?

なんかここまでとち狂うと、どこまで行ってくれるのかな〜と楽しみにさえなってきました。

脳内麻薬みたいなもんでしょうか…弱者を助ける崇高な私♡って。
弱者じゃなくて寄生虫なのにな〜。

今から半世紀経ったらスウェーデンは荒れ果てた誰も居ない地になって、それからさらに半世紀が過ぎたらバイキングの子孫が地道に黙々と村を興している、というのを想像しました。
寄生虫はたかり尽くしたらメリットが無くなって寒いだけのところは嫌で、別のたかり先へ脱出済み。

『寄生移民』て本、タイトルからして面白そうですね。私も読んでみたい〜。
というか…欧州でも米国でも日本でも、先進国に寄生してくる移民ってみんな基本同じことやってますね。
構図がハッキリしたからには、駆除方法も確立できそうなもんですが…国内の外患誘致族というガンが一番の敵じゃないかな。

Re: No title

桜様
はい、神話は崩壊です・・・みんなが夢見て憧れていたキラキラ幸福大国の姿はありません。寄生したい貧国外国人にとってはまだまだ美味しい国なのかもしれないけれども。
この国のメディアも赤の巣窟で腐ってるわよ~。

Re: タイトルなし

ゆいな様
虎の門ニュースに出演していたんですか~。あの動画番組はちょっとしか見た事が無くて知らなかったわ。
ほんと、現場で色んな外国人の実態を見てきた人は、やっぱり現実的だし危機意識も高いですね。同情、偽善は危機の元っ。
この国には理解に苦しむ事、唖然として呆れ笑いしてしまう事が色々ありますよー!

No title

もはや北欧神話崩壊ですね。
そろそろ噂を聞きつけて大量の中国人が移住してきそう・・・
メディアは腐ってますね(>_<)

坂東さんて時々「虎の門ニュース」に出演されてる方ですね。時々ブログも拝見しますが、中国人相手にしてただけあって、偽善的な対応がいかに相手を調子付かせるかよく知ってらっしゃいますよね。

それにしてもスウェーデンて意識高い系すぎて、やる事が理解不能です。
プロフィール

Bra

Author:Bra
スウェーデン在住のBraです。海外在住ブロガーやフリーライター、その他メディアがあえて伝えない、書きたがらないスウェーデンの一面を主に取り上げています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR