FC2ブログ

聞いて気の毒に思った知らせ

我が街の知り合いのこの国人老夫婦が引っ越すことに。
引っ越し先は、周囲が森という我が街のはずれにある過疎エリア。
20年近く現在のタウンハウスに住み続けているというのに。

引っ越しのメインの理由は、犬が走り回ったり、ガーデニングが楽しめる
大きな庭が欲しいから。とのこと。

悲しくなったわ・・・
それ、表向きの言い訳用の理由だって事が明らかだから・・・
でも、自己防衛の為には本当の事は言えないだろうしね・・・

約一年前、その老夫婦の家の両隣のお宅がほぼ同時期に物件を売りに出し、
新たに入居してきたのがよりによってどちらも平和の宗教の方々。
老夫婦はサンドイッチ状態?挟み撃ち状態?になってしまったのでした。
タウンハウスだから、たとえ壁や柵はあっても、家も庭もつながっており、
とても密着感に溢れる状態。

その話は風の便りであちこちへと広まり、それを聞いたこの国人が、
「そんな状況は誰もが嫌がるわ!!!」「可哀そう~!!!」
と率直な感想を述べる始末。

あれよあれよと言う間に、新たな住人の庭は手入れがされず荒れてゆき、
日中でもカーテンは閉めっぱなし、そこはかとなく怪しげな雰囲気が漂うようになってしまい、その変化ぶりを見て驚愕していたのだけれど・・・

しばらくして老夫婦と話す機会があり様子を聞いてみると、
彼らのお仲間がうろつくようになったり、子供が無遠慮に庭を覗きこんできたりする、と不安げで憂鬱そうに言っており、心が休まらない様子。

大丈夫?いきなりこんな事になっちゃって・・・色々大変よね?
彼らは子だくさんの専業主婦家庭なのに、お金どうしたんだろうね?
(夫たちは働いているが、その仕事は低賃金とされている種類のもの)
など色々な話をしたのだけれど、気がかりだったのは老夫婦がそんな生活に
耐えきれず、そこから逃げ出さざるを得ないのでは?という事。
そしてそんなサンドイッチ状態の家は買い手がなかなか現れず価格が低下し、新たな住人はまたしても平和の宗教の人となり、ジワジワとそのエリアが平和の宗教化していったりして?という事。

彼らはその時には、将来どうするかわからないけれど、しばらく様子を見てみるわ、と言っていたのだけれど・・・
あれから、どこかに良い物件はないかな~?とずっと探していたのかもしれない。

彼らは年に何度も海外旅行に行っていたぐらいなので、経済的にゆとりがある夫婦だったのだと思う。だから新たに家を購入して逃げ出す事も出来たけれど、お金が無い人だったらずーっと不安を抱えつつそこで耐え忍ぶしかなかったのでしょうね・・・

リンケビーもこうやって現在の姿へと変化していったのかしら?
背筋が凍る思いだわ???

こういうのを生で見たり、この国やドイツのニュースを読んでいると、
「移民増加は多くの現地人の日常生活を圧迫し、幸福な人生から遠ざかる。」という事への確信がどんどんと強まるばかり。
だから私は、日本ではどんな形であれ移民をドンドン増やす政策には大反対です。日本と日本人の将来を考えると、自然とそうなってしまうのです。
一部の商売人には大金がバンバン転がり込む大チャンスなのだろうけれど、平凡だけど小さな幸せや楽しみを得て、安心して平穏無事な人生を送りたい、トラブルや心配が出来るだけ無い普通の生活が一番、と考える人々にとっては、日常生活や将来の生活に不安が増加するだけで、短期的にも長期的にも、総合的に見たら大きなマイナスだとしか思えないもの。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

美奈様
移民・難民は日本よりも多いし(※人口比率です!)、さらに年々増加していますよ~。
そして移民による犯罪が増加していると警察官も言っています。
マスコミってこういう重要な事は伝えたくないのかしら?困りますね!

No title

いつも楽しく拝見させて頂いています☆
私も大半の日本人も日本に外国人を受け入れることには反対ですよ。
日本を守らないといけませんね。
それにしてもスウェーデンはそんなに移民や難民が多いのでしょうか?
マスコミが報道しないのであまりそんなイメージがなくて。。。
プロフィール

Bra

Author:Bra
スウェーデン在住のBraです。海外在住ブロガーやフリーライター、その他メディアがあえて伝えない、書きたがらないスウェーデンの一面を主に取り上げています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR