FC2ブログ

これは命がけの戦いでは?

AfS(スエーデンの為の選択肢)という政党の街頭演説の動画をこちらのニュースサイトで見かけました。

ヤバい、ヤバいわ・・・
笑えてしまうーーーーーーーーーー!!!!!
腹筋がーーーーーーっっ!!!!!

明るくノリの良いロック調のAfSテーマソング・・・
空港の搭乗案内風のセリフ・・・・・
スエーデンにさようなら!と言って家(祖国)に帰る時が来たよ!
という爽やかなアナウンス・・・

何なのこのノリは?!ふざけすぎ???

日本でイケメンだと評判が高い若いヴァイキング系男性たちが嬉しそうにしています!緑のセーターの男性は日本人好みかも?
そして、移民もけっこう多くいます。
-39:14で映るエキゾチックな若い男性たち…我が街にもいるいる~!
こういう多民族光景は、この国の色んな町で見かける、よくある光景です。
我が街は田舎町のせいか、もっと手抜き感や質素感の感じられる
ゆるくて野暮ったい雰囲気の人が多いけれども似たようなもの。

移民が固まって立っている場所には、警備のための警察官が何人も見張りでつき、移民のお仲間なのか左翼党(V)の赤い上着を着た人が彼らと一緒にいて、何やら話しています。
若い移民男性とAfS支持者らしき年配男性が口論をして、周囲からなだめられる場面もあり。
移民グループの後方でも何か揉めている人たちがいる様子。

そんな物騒な雰囲気の中、若い移民女性が緑のセーターの男性に激しい口調でつっかかり、男性のスマホを奪い取ろうとしたり、若い移民男性がAfS関係者男性に乱暴につかみかかり、それを制止しようと参戦する緑のセーター男性・・・
垂れ幕?の裏で乱闘らしき騒音と叫び声があがる場面もあり。
警察官たちも駆けつけ、益々ものものしい雰囲気に。
けれども武器などの危険物は登場せず、生卵が投げられたぐらいで、
幸い大事件にはなりませんでした。(攻撃の様子はこちらでほんの少しだけ見られました。)

土曜日にドイツのケムニッツにて行われた、AfD支持者&ドイツ人が移民に
攻撃され亡くなった件に抗議する人々による合同デモ(ドイツ国旗を掲げて静かに平和的に行進するという主旨の合法的なデモ。中には移民による犠牲者の写真を掲げたり、白バラを持つ人もいた。参加者は約一万人とされる)と、彼らの行進ルートに横たわるなどして妨害したり、武器として石を隠し持つ左翼(約八千人とされる)との騒ぎがありました。
結局警察は危険度が高いと見たのか、デモを中止させる事にしました。

命がけの行動と言ったら大げさかもしれないけれど、
こういった光景がこれからもあちこちで続いていくのかもね・・・
差別反対とかナチスとかレイシストといった言葉でバッシングする事では、
AfSやAfDのような存在と行動を止めたり無くしたりは出来ないのだと思う。
何か大きな現象が発生したら、それに対して大きな反応が出るのは当然。
偏り過ぎたら、揺り戻しが起こるのも当然。
まさかそれを予測しなかったのかな・・・??
早く妥協点が見つかって落ち着けば良いな、とは思うけれど、
今の状態からは穏便に解決するのはもう無理かと思う。
どちらかが敗北するまで徹底的にぶつかり合う所まで行けば、その後やっと
平和が訪れるのではないかしら。

悲惨だわね。
これが、これから移民を積極的に受け入れる国の未来の姿
私たちが何も考えずにボケーっとしていたら、日本にだって将来AfJ(日本の為の選択肢)という政党が必然的に生まれ、これ以上暴力や性犯罪や侮辱の犠牲になりたくない!!と、警察からも政治家からも守ってもらえない普通の人たちが勇気を奮って立ち上がり、襲われて亡くなった犠牲者の写真を掲げながら命がけでデモ行進をしないといけない社会になってしまうという事よね???冗談じゃなく本当にそうなるのではと心配・・・
でも、日本には絶対にそんな風になって欲しくないです!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: タイトルなし

ニコ様
はじめまして!ダーリンはスヴェンスカ♪なのですね~。
この国を離れている間にどんどんと社会が変化していく様子を漏れ聞くのは、さぞもどかしく感じられるのでは・・・
問題視される移民の方々にこの国に馴染んでもらうのは、百年前の日本の超田舎過疎地に住む尋常小学校中退の貧しい人々が、タイムマシンで現在にやって来て、東京のど真ん中に住みその地の人々と同じ価値観を持ち、自立して同レベルの生活を送る、という事以上に難しい事なのかもなーと感じています。
こんな北の果てまではるばる来る時点で、本物の難民などではなく、タカリ目的移民だと見なされても仕方がないでしょうね。
感謝が無く不平不満を言うだけならまだ可愛いものだけど、彼らはそれに加えて文化破壊みたいな事をしたり、治安悪化、秩序の乱れ、教育で足を引っ張るなど、社会問題を引き起こすから厄介に思われるんですよね。
SDに以前いたハード路線な人たちはマイルド化したSDに愛想を尽かし、脱退してAfSに行ってしまったので、現在のSDは保守政党みたいなものだと思うんですけどね~。日本の記事を書く人たちはその変化を知らないのかな?
この国が将来ニコさんご一家がぜひ戻りたい、と思うような国になっていけば良いのですけどね・・・

はじめまして。スウェーデン人の主人といつもスウェーデンの現状について、話しており、落胆していす。スウェーデンに馴染めないなら、母国に戻ったらいいのに。戻りたくないなら、スウェーデンで不平不満ばかりでなく、馴染む努力をすべきなのに。あの人たちの中には、感謝と言うものがない気がします。本当の難民なら、置いてもらえるだけで感謝だと思いますけどね。
将来、スウェーデンに戻りたいのに、情勢がこのままだと、不安ですね。すみません。なんか、日本の記事は、だいたい、差別主義者のSDうんぬん書いてあり、こういう意見に嬉しくなり、コメントしちゃいました。

Re: 嫌なものは嫌

和泉様
そうよね。ドイツでは和泉さんと同様にその手の風潮にうんざりした普通の人がどんどん増えて、その結果デモ行進するに至ったんだと思うわ。
「嫌」という感情の背後にはそれなりの原因と理由があるって事を直視できない残念な人々には、動画にあるような行動を示して目覚めの機会を与えてあげるしか対処方法は無いのかしら?うっとおしいわ~。

中指立て!ぎゃっ、また香山先生の奇跡写真が頭に蘇ったわw先生ならあの場所で一緒に中指立ててもしっくり馴染めそう~。
くどい顔率、我が街でも上昇中です・・・
圧倒的に男性数が多いけれど、彼らの呼び寄せ家族なのか、最近は子連れ女性もぐーんと増加中で、恐ろしい・・・
観光地や大きめの町の中心部は違う光景だけど、田舎町にはああいう光景が普通によくあります。
この国は英語が通じる人は結構多いですよ~。運送屋や大工のオジサンが英語ペラペラだったりして。なのに医者や看護師に英語片言しか出来ない人がいたりして、なんかよく分からないのよね。

Krossa Rasismenの意味は、人種差別をぶっつぶせ、かしら?
Krossaが英語のCrushで、Rasismenは前部RasismはRacismで、enはtheみたいなものです!構造的にはドイツ語と英語を混ぜて方言で味付けしたような言語なのよ~。発音は変な雑音みたいだけどw

嫌なものは嫌

自分が嫌と思うことを表明するのを、差別だとかレイシズムって避難する風潮、ほんっとうんざりです。
「ゴキブリは嫌い!家から出て行け!」って言っちゃいかんのかね。
ゴキブリが可哀想、ゴキブリへの差別だ!ってこと?
でもゴキブリには嫌われる理由があるから、こっちは追い出したいのにね。

って、あら、昆虫の話なのか人間の話なのかwww

動画を飛ばし飛ばし見ました。
くどい顔がずらずらっと並んでメンチ切ってますね。中指立ててるのもいましたね。
これが今のスウェーデンなんだ〜と、驚き再発見。
二つ目リンクの英語ニュースでは、スウェーデンの人たちがかなり英語を上手に話すのにもう一度驚き再発見。

ところでCROSSA RASISMENてどういう意味なのでしょうか?
プロフィール

Bra

Author:Bra
スウェーデン在住のBraです。海外在住ブロガーやフリーライター、その他メディアがあえて伝えない、書きたがらないスウェーデンの一面を主に取り上げています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR