FC2ブログ

この国で子宮がん検診

数年おきに検診のお知らせが来る仕組みらしく、手紙が届いたので、ちょっと前になりますが検診に行ってきました♪
検診料金が前回は200krだったのに、今回は無料になっていました。
頭にふと浮かんだのは、有料にすると「お金もったいない~」
「タダじゃないなら行きたくない~!」と思って来ない人が多いから
無料になったのかも?という事。
それに以前と今とでは女性の人種構成が大いに変化した事だろうし。

ぶっちゃけ・・・
検査してくれる人が男性だったらかなり嫌。
と思っていたら検査担当者が女性だったから良かった~♪

前回も女性だったんだけど、偶然かしら?
前回の人は検査後に、筋肉が強いわね~!などと言い出したので、何の事かと思い絶句していたら、「あっ、良い事よ、すっごく良い事なのよ~!」と笑顔で謎のフォローをしてくれたんだっけ・・・
これ、言ったのが男性だったらセクハラになりそうだけど、女性からの場合は別に不快感も無く問題無しです。

検査の方法は日本もこの国も同じでした。(私の経験)
明るい照明の診察室で二人っきりの空間。
診察台は例の足を思いっきり開脚するやつ。
そこに下半身無防備状態で乗るわけ。
で、膣内を広げる器具を差し込んで通り道を開け、そこから綿棒みたいなものを中に入れてぐりぐりと組織を採取します。
無防備な格好をするのも、一連の作業が自分から見えない角度の所で行われるのも、痛みがあるのも、すごい不安で緊張感や恐怖感があるのよね。
だから、「検査は女性にお願いしたい!」と強く思ってしまうわけ。
問診で、前回の生理はいつ?とか、出産経験は?とか問われるのは別に男性でも女性でも気にならないんだけれども。

日本で女性医師には手術されたくないと言う人がいて、それを差別だとして非難する人もいるけれど、子宮がん検査の時に担当者が女性の方が安心♪と思って女性を期待していた私の気持ちも、その手の人からは差別だと決めつけられるのかな~?とふと思ってしまう。

医師、医療関係者は、病気から救ってくれる有難い存在だと頭では分かってはいても、人対人だから気持ち的に耐えがたい事ってやっぱりあるのだけれど、選り好みするなんて患者のくせに傲慢な!みたいに思う人も中にはいるのかしらね・・・
色んな考えがあるのだろうけれど、少々厳しい気がするわ~。
病気の苦しみから助けてもらえるだけでも有難いんだから要求とかするな!
何様だよ?つべこべ文句言うなんて迷惑!黙って我々に従っとけば良いの!
というメッセージの様に私には感じられて、怖いな~、悲しいな~と思ってしまうのだけれども・・・
でも、そんな風に思うのは元気な証拠??
切羽詰ったら、もう誰でもいいから助けて~~お願い~!ってなるのかもしれないわね?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: お返事ありがとうございます

ライトニング様
関心のある点、知りたい点について教えて下さって有難うございます~!日本のメディア発の断片的な情報だけだと、実際どうなの?と思ったり腑に落ちない事があっても当然ですよね。
難民と呼ばれる人々やそれに反対する運動とその背景が分かるような、メディアやジャーナリストなどが触れない情報とか、私が実感したり、見たり聞いたりした事も時々書くようにしてみますね~。

お返事ありがとうございます

Braさん、お返事ありがとうございます

移民問題で関心があるのは、ヨーロッパ、特にドイツ・スウェーデンで起こっている反難民・移民の運動の背景です。

日本に入ってくるメディアの情報では、反難民・移民の運動は、ネオナチ・白人至上主義・排外主義・ポピュリズムによって引き起こされている印象を受けます。

しかし、反難民・反移民運動の根底にあるのは、移民・難民による犯罪の多さではないかと思っています。さらに、移民・難民による犯罪をきっちりと取り締まらないということも大きな影響を与えていると思っています(排外的な思想がまったくないとは思っていません)。

私が調べた範囲ですが、ドイツでは「ケルンの大晦日の女性暴行事件」、スウェーデンでは「夏季音楽祭での女性暴行」が起こっており、これらの事件が起こっても、捜査当局は、捜査に消極的だったと聞いています。また、スウェーデンは、人口あたりの女性の暴行事件が、世界で一番多いというデータも見ました。

このような事例を見てしまうとメディアによって、伝えられる反難民・移民運動及びそれらの政策を掲げる政党が、極右・ナチ・ポピュリズムとされていることに非常に違和感を感じています。

現地の方の生の声を聞けたら、いいなあと思っている次第です。

長々と書いてしまって、すみません。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: そうなんだ。2

田中様
お褒めいただき有難うございます!嬉しくなりテンション上がりました~♪
…で、味気ない方向って??!!(笑)妄想の邪魔ってーーー!!!!!(爆)発想と思考回路が謎で面白過ぎます!!!
男性にとってスケベな妄想はよほど楽しい事なのでしょうか。
でもそれも男の基本機能としては大事な部分かと思うので、暴走しないように管理しつつ今後も大事にキープしてくださいませ。
輪廻転生とか宇宙の神秘ですか…、哲学的なかほりがしますわ~。
やはり男性の方が想像力が逞しく、ロマンチストで創造的で思考が深いのかな~という気がしました。
女が分かっていない、とお叱りを受けたとの事ですが・・・大丈夫です!女も男の事はよく分かっていませんから(笑)
田中さんの生殖器がお元気そうでなによりです。他の器官もずっと元気でいられるように、どうぞ大切になさってくださいね~♪

そうなんだ。2

Braさん、私はBraさんの飾らない記事が好きです。女性には珍しい(失礼)知的で素直な方だと思っております。

男性に関して言えば、私も含め大半の男はシンプルでスケベです。おっしゃるような高尚な考えには至りません。と言うか、そういう味気ない方向にはもっていきたくないのです。妄想の邪魔になります。(笑)

そこは通り越してもっと根源的なもの、例えば輪廻転生等の霊的な事、宇宙的神秘性などに思いを馳せる事はあります。

そういう意味で男性は女性よりロマンチストではないでしょうか。そこがすれ違いの原因になるのかもしれませんね。カミさんによく「あなたは女が分かっていない」と叱られます。(笑)

因に私はいい歳になりますが、未だに生殖器関係で病院のお世話になった事はありません。その点女性は大変です。しかし、そこは神の領域として、甘んじて受け入れます。(笑)

Re: はじめまして

ライトニング様
はじめまして!コメントありがとうございます。
日本のマスコミはこちらの難民・移民問題をあまり伝えたくないのかしらね?彼らは日本にガンガン移民を入れて、日本人が犠牲になるカオス社会を望んでいそうですしね~。
移民問題、実際どうなのか?と関心を持たれているとの事ですが、特にどんな面に興味がありますか?犯罪、文化侵略、環境変化、教育等、問題は色々と幅広いのですが、日本にいる人はどういう情報が気になるのかしら??
今回のブログ記事の感想が無くてちょっと残念だったわ~(笑)

Re: そうなんだ。

田中様
外国の医療情報って制度についての話はよくあるけれど、体験談はあまり無いようなので書いてみました!男性は精巣がん、前立腺がん検診とか無いのかしら?とふと思ってしまったわ~。女性は他に乳がん検診もありますわよ?
妊娠の検診に出産なども…男性医師が担当する事は特別な事ではないです。出来れば女性医師が良い、と思っていても、いなかったら仕方が無い事だし。
開脚とか言うと一般的な男性はドキドキなのかもしれないけれど、診察に来る女性は多くが生殖器・女性器の病気や不調といった辛い健康問題を抱えていて、その治療で来るわけだし、開脚の台も内診用の器具も、そのために開発されて使用されているものだから、その他に特別な意味は無いわよ~!皆のお母さんのほとんどが、出産の際にあの台のお世話になっていますよ!
といっても、この件に限らず、スエーデン生活や社会、国についても同様だけど、リアルな情報に触れる機会が少ないと、やっぱり誰でもちょい現実離れした妄想が膨らんでしまいがちかと思うので、変に隠さずぶっちゃけて書く方が誤解が少なく、事実として理解してもらえるのでは、と私は考えていたのだけど・・・でも実際はそうではないのかしら?!
こういう話の場合は一般的な男性にとってはドキドキ止まりで、男女の生物としての機能や生態の違い→経験、役割の違い→存在意義などに発展して考える事には繋がらないのかしら?
男性心理って私には謎の多い世界なので、もし良かったら教えてください~!

はじめまして

Braさん、はじめまして

今日はじめて、こちらのブログを拝見させていただきました。
スウェーデン・ドイツをはじめとする難民・移民問題に関心があります。しかし、日本では情報があまり手に入らない上に、マスコミが報じる内容は、マスコミフィルターがかかっています。そのため、実際はどうなのか?ということがよくわからないのが現状です。

これからも、拝見させていただくと思いますが、よろしくおねがいします。
男なので、今回のブログ記事のコメントは控えたいと思います(笑)

そうなんだ。

いつも面白い記事を有り難うございます。今回のは特に刺激的で興味深かったです。大半の男は知らない密室の事実ですね。男性の医師もいるんですか。。(絶句)しかし、こういう記事をさらっと書けるBraさんは凄い!でも想像して、ちょっとドキドキしちゃいました。(笑)
プロフィール

Bra

Author:Bra
スウェーデン在住のBraです。海外在住ブロガーやフリーライター、その他メディアがあえて伝えない、書きたがらないスウェーデンの一面を主に取り上げています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR