何でもタダがいい症候群

メディアなどで、スウェーデンは医療費が無料だ、などと
あたかもスウェーデンが人々にとって最も理想的な素晴らしい事を現実化した
世界のお手本国かのように褒めちぎる記事を何度も見かけました。
どうしてそんなに褒めちぎるのか?
・・・・・え?治療費が無料って、お金払わなくてもいいの?それって最高!
「無料」の文字をちらつかせ、そんな風に、
何でもタダが理想的!と思っている読者をぬか喜びさせているだけです。

実際は限度額はありますが診察費の名目で受付でお金を払いますし、(現在我が街では1回150kr)
薬代も自腹で払います。
歯科は18歳以上だと日本の無保険治療費なみに高いです。

メディアでは、上記の事のような夢を壊してしまう事実には必ず触れずに、
「医療費無料」の部分ばかり強調しているので、
すご~い、スウェーデンって病院タダなんだ~、いいな~と誤解している人は多いはず。

また、重症ではないけれどちょっと気になる症状があるなどの理由で、
検査を受けたり診察してもらえるような気軽に訪れられる診療所はありません。
電話の健康相談を利用するしかないです。
病院へ行きたい場合は、電話で地域の医療センターへ予約する必要があります。
電話をかけると自動音声メッセージがスウェーデン語のみで流れ、
それに従い番号を押し、ID番号を残すと、何時ころにコールバックします、という
音声が流れ、その後電話は終了。だいたい伝えられた時間の15分以上後に電話が来ます。
そして、その時に症状を伝え、病院の予約を取ってもらいます。
その日のうちに予約ができることもあれば、1週間後の場合もあるし、
予約を取ってもらえない事もあります。(我が街の場合)
病院は基本的に住んでいる地域の所に行く事になっています。
他の地域の病院は施設がいい、いい先生がいる、だからあの病院に行きたいな
と思っても行くのは無理。

好きな病院に行く自由は無い。
病院へ行くのにも許可が必要。

こういった事も「何でもタダがいい症候群」の人々の夢をこわしてしまう事実なので
メディアはまず紹介しませんね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Bra

Author:Bra
スウェーデン在住のBraです。海外在住ブロガーやフリーライター、その他メディアがあえて伝えない、書きたがらないスウェーデンの一面を主に取り上げています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR