この国ならすると思っていたわ

トルコのエルドアン大統領が欧州内のトルコ移民向けに
選挙キャンペーン集会を数カ国で開催しようとしたけれども
ドイツ、スイス、オーストリア、オランダはそれを反対。
エルドアンはそれらの国々をファシストだのナチスだのと
罵っている。(コチラ

中には不支持な人もいるであろう、独裁者化が進む海外の大統領の
政治的集会など許可するのは危険だと判断し、集会開催反対となるのは
当然の事だと思いました。
(メルケルは反対していませんが、ドイツのザールランド州ではこの度州内での外国人の政治的な活動を禁止する事にしたようです。)
そしてニュースを見ていて、この国だったら集会歓迎したりして?
などと思っていたのですが、エルドアンではないですが同じAKPの
Mehmet Mehdi Ekerがストックホルムにて集会を開いたという
ニュースがあり驚きつつも、やっぱりね~という感想。

この国の環境党の文化・民主大臣であるAlice Bah Kunhke曰く、
彼(Eker)は彼自身の意志でここに来ました。
スウェーデン政府は彼を招待してはいませんし、本国のいかなる政府の者とも会う事はありません。
彼は言論の自由と集会をする権利を行使しているだけなのです。とのこと。
彼のスウェーデン訪問を阻むための議論は出ませんでした。
我々は人々へ旅行禁止の発令はしてません。
それどころか、彼は彼の旅行する権利を行使しています。
しかし我々は彼を招待はしていません。
と彼女は付け加えた。

Ekerはストックホルムの複数個所で集会を行い、ある学校での集会では
約300名の参加者が集った。
会場では警察が大量に配備され、支持者と反対者を分け隔て、
学校講堂から2名の者の警護にあたった。激しい暴力やけが人は
報告されていない。とのこと。(コチラ

この国の環境党は欧州他国の緑の党と同質の党で、
エコとか平等とか原発反対とかゲイの権利などといった共産主義的な
ノリの党です。もちろん難民大大歓迎派です。
以前トルコ背景を持つ環境党の男性が、トルコの過激派ムスリムとの
親しい交際が発覚して問題になっていましたね・・・

我々は彼を招待していません!
彼は言論の自由を行使しているだけなんです!
我々は彼の権利を尊重しているだけなんです!
ということが言いたいのかしら?
なんだか歯切れの悪ーい言い方している・・・と思ったけれども。
実は裏でこっそり「ウチで集会やってもいいよ?」と伝えたんじゃない?
みたいな。
嘘つきに限って、私は正直者です、嘘が嫌いですなどと
誰も聞いていないのにわざわざ強調するような感じと似ているし。
権利を尊重してあげている優しい態度の国アピールに、この件を利用
したいとかなのかしら???

隠されたインスタントコーヒーと防犯

1年くらい前からでしょうか・・・
とあるスーパーのインスタントコーヒー売り場では、
ネスカフェの物だけが値段札のみで商品は置かれておらず、
欲しい方は店員へ言ってください、というメッセージが
表示されている状態がずっと続いています。
別のスーパーでは、ネスカフェの物だけがインスタントコーヒー
売り場ではなくて、レジ近くで売られるようになりました。

この、ネスカフェの特別扱いは何なのかしら???
確かに値段は一番高いけれど、それだけで?
と長らく思っていたのですが、ある時店員に聞くと、
よく万引きされるから隠している、という事。
きっとコーヒー好きでしょっちゅう飲む人が盗んじゃうのね・・・
この国の多くの人は紅茶よりコーヒー派だからか複数メーカーの
インスタントコーヒーがありますが、ネスカフェ以外はあまり
美味しくないので(当社比)、どうせ盗るなら美味しい物を
って事なのだろうな~。

ちなみに、サフランも陳列棚には置かれていません
ティーバッグの紙袋くらいの小さい紙袋入りで盗みやすいサイズだし、
量の割に値段も高いから、万引き対策しないとマズイのでしょう。
買う時にはレジの人に「サフラン下さい。」と伝えると出してくれます

多くのスーパーでは店の入り口にガラスの自動ドアがあって
さらに売り場入り口には、外から売り場への一方方向にしか開かない
金属製の低めの自動ドアが設置されて、そこから売り場へ入ります。
店外へ出る時は、レジの先にある専用出口から出るのです。
自動ドアの辺りの上部には監視カメラとモニターが設置され、
売り場へ入る自分の姿が映し出されるのが見られます。

スーパーの出口の所のやや上部には、大抵メジャーテープ
みたいなものが張られており、160、170、180、などと数字が書かれ、
10センチごとに緑、赤、黄色、など違う色に塗り分けされています。
これは、犯罪者が出口から逃走する際に身長がどれくらいか
確認しやすくするための目印だそうです。

こちらは日本よりもスーパーの防犯対策が厳しい感じ
日本では見かけなかった防犯対策のあれこれに、こんなやり方もあるのね~、工夫しているんだな~と感心、感心
でも、これって必要に迫られて編み出された方法なのかと思うと、
ちょっぴり複雑だったりしてね

ノルウェイにて、一軒家を要求する「難民」

先週も手榴弾が爆発だ、車が炎上だ、銃で撃たれて亡くなっただのと、
毎週毎週おなじみの事件がマルメやストックホルム郊外等の危険地帯で
起こっていました。
ほんと毎週毎週同じ事ばかり同じような所で起こっているので、
ああまたですか~、と感覚が麻痺して、シリアと比べれば全然たいした事
ないじゃない?全然怖い事じゃないわ?といつのまにかこれが普通の事だと
感じるようになってきそう

今回はちょっと番外編と言うか、ノルウェイのニュースから。
ノルウェイの元記事の方は購読手続しないと読めなくなっているので、
コチラの記事のリンクのみです。下にお粗末ながらも素人的な意訳をしてみましたが、より正確さを求める方はリンク先や元記事を見てくださいませ
参照サイトはこの国の物差しで測ると超危険で異常な超極悪人種差別主義ネオナチ極右サイトに分類されるサイトかも?と思いましたわ


20才から33才の6名のシリア人「難民」は自治体から
2年間提供される共同住宅に不満を抱き、居住契約書への署名を拒否し、
代わりに一人一人それぞれに一軒家を提供するよう求めた。
共同住宅の部屋は広さが20㎡までのもので通常は学生向けであり、
学生たちは十分満足している住居である。

この6名の内で英語を話せる31才の男性は弁護士でもあり、
彼は「道徳権」を主張している。

他の者たちが一軒家やアパートに住むというのに
我々はまだ難民施設に住んでいるのは不公平である。
新しい生活のスタートを出来るだけ早く望む。
我々はまだ難民施設に住んでいるが、我々は一軒家が欲しい。

難民施設は難民施設、一軒家は一軒家だ。
我々は不幸だとか要求が多いとは思われたくはないが
事態が進展する事にかなりしびれを切らしている状態だ。
と、この弁護士のシリア男性は語る。

自治体は現在提供している住居以上のレベルの住居を彼らへ
提供する義務は無いが、彼らへ「頭上の雨をしのげる屋根」を
提供する義務はある。そしてそれはなされている。と述べている。

難民保護サービス局は、良い暮らしをしていたシリア人が
共同住宅に住むのは大きな生活の変化である事は理解している。
しかしその住宅には、暖房、水道、電気、台所、洗濯機が付いていて、
公的交通機関からも近い場所である。

もしも自分が20才のノルウェイ人で、家を無料で手に入れられた
と想像してみてください。たとえそれが共同住宅だとしても。
それって素晴らしい事だとは思いませんか!

・・・・・・・
やだわ~、もうっ
なんかまるで法とか権利と言う言葉を悪用する悪徳弁護士みたい
(母国でもそんな感じで活躍していたのが想像に難くないし)
(だって、お金とコネがモノを言う、汚職まみれの国だもの)
(正義とかモラルとかの無い世界・・・)

無料生活かつ一人一人に一軒家を提供してくれって一体
どういう神経なのーーー???

自分!自分!自分が良い思いをしたい~~~!!!!!
自分の権利!権利!権利~~~~~!!!!!

そこには、心からの感謝の気持ちはみじんも存在しないと思ったわ。
かわりにあるのは、搾り取れる所からはトコトン搾り取る精神
そういうお国柄なのだろうなー・・・
無料で手に入るのなら、あれもこれも、出来るだけ多く!!!
出来るだけ要求を高くして、出来るだけ得したい!!!
みたいなね?

日本ではシリア人を留学生として受け入れる事にしたようですが、必ずしも
学歴が高い=優れた人格者、道徳心のある人という訳ではありませんよね。
変な知恵が働く分タチが悪い場合もあります。
似たような事が日本でも起こる可能性がある、という覚悟は必要と私は
思いました。

残念な事だけど「良心は都合よく利用されるだけ」という事は
珍しくないのかも?と以前より強く思うこの頃。(今頃かって?)
貧すれば鈍するとも言われている事だし・・・
日本にいた頃は欧州地域の様な格差や分断(貧富、教育、道徳心など。底辺層はやっぱり低い)は肌で感じないのはもちろん、リアルな想像が出来なかったです。
そしてこの国でも他欧州国でも、現地人が年々社会が劣化していると言うのを知ると、この格差と分断が拡大する要因の一部に貧国移民や宗教に支配され過ぎて融通の利かない移民の存在が関係しているのは否定できない事だとやはり思ってしまいます。で、それは結局、大量移民難民受け入れを、すればするほど夢の多文化世界の実現だとして楽観的に考えたり、資本主義を悪だと敵視し破壊するのに移民難民の存在が有効だと考えたりして推進した社会主義~共産主義思想の人々のせいって事になるのかと思ってしまうのだけれど。
とにかく、、日本はそんな方向に行かないで欲しいな・・・
この国や欧州地域で起こっている事を反面教師にして対策して欲しいです。

美容整形で女らしく魅力的な女を目指す女たち

この国の美容整形のウェブサイトを発見しました~
手術前後の比較写真がたくさんあったので見てみると、
一番多いのは胸の手術の写真でした。(豊胸や形を良くする)
きっと一番需要が高い手術なのですね~。
それから脂肪吸引、たれた皮膚の切除、目や耳や鼻の形の調整など。
日本で整形というと、目を大きくしたい人が多いと思いますが、
この国は胸を大きくしたい人が多いのでしょう。
豊かな胸というと女性らしさ、女性の象徴だと思うのですが、
女性らしさを否定し、男女は同じ、性差は無い、という思想を
学校教育を通して身に付けているはずのこの国の女性たちが、
そんなに豊かな胸を欲しがるのはちょっと不思議な気がしました。

あと整形ではないけれど、この国の女性のかなり多くが人工金髪です。
白人社会では、金髪と大きな胸はどちらもオツムの弱い女性の代名詞、
と見られがちなのだけれど、わざわざ自ら人工的に金髪や大きな胸を
持ちたがるのって一体どういう事なのかしら
あえて、金髪でも大きな胸でもバカ女じゃなーい!というメッセージを
込めてやっているとは到底思えません。

男性向けの性的な雑誌や映像等では大きな胸の金髪女性が
好まれているのは周知の事実ですし、そういう容貌が男性への
高い女性性のアピールとなる事は、彼女たちも知っているはずです。

やっぱり、金髪で大きな胸にして男からセクシーだと思われたい♪とか
女子力アップして魅力的な女だと思われたい♪
男性好みの容姿になって男にモテたい♪
という意識が(無自覚かもしれないけれど)働いているように思えるんですよね。

それって子孫繁栄の使命が遺伝子に組み込まれた生物としてはごく自然な感情だから、ああいう行動(人工金髪、豊胸手術)で男の気を引こうとするのもわかります。
だったら、女の本能や特徴をあえて否定して、男女は同じ、性差は無い、
みたいな馬鹿げたことをいうのはいいかげんやめればいいのに・・・
と思ってしまうのだけれども。

女性だけ育児をするのは押し付け!差別!みたいに言うのとかも、
いや、その考えの方が不自然でおかしな押し付けですから・・・
って思うし。
女扱いされるのが嫌なのなら、わざわざ豊胸や人工金髪にして
女を強調するのはやめたらどうかしら???
その代わりに見た目も男みたいに胸を平らにして、ショートヘアで
ノーメイクにするとかね?

こちらのウェブサイトを見ましたが、写真(Bilder) の所には、
たるんだ胸やお腹の皮膚などのちょっとグロテスクな写真もあるので、
苦手な方は見ない事をおすすめします

妙な地図が拡散中

国境なき医師団から「寄付のお願い」の手紙が来て、
封筒の中には手紙と振込用紙と世界地図が入っていました。
地図を広げ何気なく日本付近を確認したら、日本海の所が・・・
「東の海、または日本海」というおかしな表記になっていました。
または日本海」じゃなくて、あれは日本海以外の何物でもないのですが
どこかの人々がごく内輪だけで、どこかを本来の地名では無い別名で
呼ぶのは自由かもしれないけれど、こんな形で地図に別名を記載して
配布するのはおかしな政治的行為だと思うわ。
そんなことしたらロシアが「いや、あれは南の海だ。」とか
台湾が「いや、あれは北の海だ。」とか
米国が「いや、あれは西の海だ。」とか言いだしたらどうするの?
「北の海または南の海または東の海または西の海または日本海」
っていう表記にするのかしら?
東南アジアって日本から見ると南西だから、南西アジアって呼ぶべき?
言い出したらきりがないから世界で地名を統一して秩序を保つ事にしたんじゃないかしら???

どこかがクリミアを奪ったり、どこかが尖閣諸島を奪おうとしたり、
ここのところ世界のあちこちで戦争勃発中だけれど、
この地図の件もその類だと言っていいと思うわ~。
日本と名のつくものは奪い滅ぼし乗っ取ってやるという挑戦的な態度に見えますね。迷惑な挑戦。

あの団体、素晴らしい事していると思っていたのにな・・・
さすがラジー賞でもあるノーベル平和賞を取っているだけあって
ちょっとアレなの?
地図はこの国だけのオリジナルなのか世界共通で発行なのか知らないけど
とりあえず、この団体には一切寄付などしない事を決定したわ。
あ~あ、ここも汚染されているのかしらね?残念だわ。
人助けを頑張っている医師には応援の気持ちをいっぱい送りたいけれど、
運営局には応援の気持ちもお金も送る気は全くナシ。
国連もアレだし、ユネスコもアレだし、アムネスティもアレだし・・・・・
どうしてこんなに汚染が広まってしまったのかしら・・・

map
プロフィール

Bra

Author:Bra
スウェーデン在住のBraです。海外在住ブロガーやフリーライター、その他メディアがあえて伝えない、書きたがらないスウェーデンの一面を主に取り上げています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR